BM

アークトゥルス人:アークトゥルス人は伝える、熟達者たちになること、2014年9月17日

THE ARCTURIANS SPEAK: BECOMING MASTERS

 

~ Channeled by Suzanne Lie,

www.suzanneliephd.blogspot.com – Sept. 17, 2014

 

 

(わたしはこのメッセージを2014年6月12日に受け取って、記述したと思いましたが、わたしはそのメセージが投稿されたことを何処にも確認できないため、今日これを投稿しています。)

 

 

アークトゥルスの皆様、

 

わたしはあなたの意識を感じ、あなたのメッセージを受け取ろうとしてわたしが行っていたことを止めました。幾つかの理由のためにわたしは今日に対する数秘術を知りたいと思い、今日が7の日であることに気付きました。わたしはあなた方のメッセージをいつでも受け取ります。

 

 

わたし達の掛け替えのないスージー、

 

わたし達は実際に、この今という瞬間の中で本当にあなたと接触することを望みました。わたし達は、あなたが他の人々が受け取るために書き直すことができるひとつの私的なメッセージから始めたいと思います。言うまでもなく、あなたと地上で“他の人々”として認識されている物事の間には事実通り分離は存在しないため、“他の人々”など存在しません。他の人々という言葉は、人々または物事があなたから離れていることを意味するひとつの言葉であり、それは正確ではありません。あなたの今という瞬間の内部では、今後この事実はより一層明白になるでしょう。

 

わたし達は、わたし達の基礎を教えた存在達、つまり人類の内部の数々の水準で、数多くの変化が起っていることをあなたに伝えたいと思います。時間という幻影を超えて自分達の意識が拡大することを許している人々は、日常的な基準でこうした変化を感じるでしょう。しかしながら、依然として時間に縛られている人々であるあなたは今後、その人々が“後で”と呼ぼうとするものの中の数々の変化を多分感じるでしょう。

 

時間は存在しないために、あなた方の3次元のホログラフ(立体映像)の投影の内部を除いては、後で、はありません。このホログラフの投影は融合し始めていて変化します。何故なら、そのホログラムの住人達の中の非常に多くが、ホログラムの現実の制限を超えて彼らの意識を拡大し始めているからです。意識のこの拡大のせいで、わたし達のアウェイチームの多くが、真実に基づいた別の現実を経験し始めています。

 

この“新しい現実”は無限であるので新しくはありません。それは無限であり、その理由はそれが時間と空間の制限を超えて共鳴するからです。今までわたし達は、何度もホログラムを超えた実在の世界について沢山話してきましたが、しかし、わたし達がまだ共有していない物事があります。わたし達は、わたし達が今から何度も共有しようとしている物事を示唆してきましたが、しかしそれが起ることは、まだ『現在』ではありませんでした。

 

あなたと、そしてあなたがわたし達のメッセージを共有する人々の多くとが、わたし達がちょうど伝えかけているものについてまだ理解できなかったということを意味している『現在』。わたし達はこのメッセージを何度も話したので、これはショックを与えるニュースではないでしょう。その違いは、『現在』の中で人類のさらに多くが、ほんのメッセージの比較的低い感化力よりもむしろ、このメッセージの核心を理解することができるようになるでしょうということです。

 

わたし達が無数の場で伝えて来たように、あなたが認める現実は、あなたが生きる現実です。何か『現在』起りつつあるのは、美しい光の収穫があることです。もしもあなたがわたし達の見通しからあなたの世界を見ることができたとすれば、あなたがコンサートで見て来たかも知れないそれらと同様に沢山、美しい光のショーを目撃されたでしょう。

 

わたし達は、ガイアの地球を、光と闇の異なる継ぎ当てをしたひとつの生きている存在として認めます。悠久の時の間、ガイアの身体は侵食する闇によって最終的に消滅させられる光の時系列と伴に、主として闇の中にありました。今わたし達が確認しているものは、増え続けている光の継ぎ当てであり、それは、闇の拘束から自由になった無数の闇の継ぎ当てを、無条件に愛し続けています。

 

次第にさらに小さくなり続けているこうした闇の継ぎ当ては、ゆっくりとまたは急速に、光へと変わり続けています。わたし達の目覚めている人々が気付いているように、怖れの闇は、ただ無条件の愛の光だけで変えられるのです。闇の勢力はその怖れのキャンペーンと、できるだけ数多くの恐怖の敵対を続けてきました。しかしながら、あの幻影に参加することを拒否しつつある人類の多数派の数は増え続けています。

 

3次元の地球はホログラムであるという理由から、動物やガイアのすべての生命を含めたあらゆる存在が、このホログラムを変えることに参加する能力を備えています。皆さんはすべて、ガイアのホログラムのプログラマーです。長いカリ・ユガの間、地球は多元宇宙からの直接的な光に属する黄金時代からは最も遠い状況でした。それゆえ、闇がそのプログラマーでした。

 

しかしその一方で、今皆さんは黄金時代の中にいて、その中で皆さんは多元宇宙の光と直接同調しています。従って皆さんはすべて、それは地球上のあらゆる生物を含みますが、もしもその皆さんがそれを受け入れることを選択するなら、このさらに高い光の周波数を利用します。皆さんが黄金時代に入る前は、光を探し出す必要がありましたが、それは頻繁に闇の中に隠されていました。

 

2014年の皆さんの『現在』の中とそれ以降で、皆さんは、皆さんの年数で2年という期間の間中、この無限の光の流れと直列した状態になっていました。わたし達はカリ・ユガという最も暗い時代の中で数多くの年数を生きてきた親愛なる人類の皆さんに伝えますが、2年という時間は、皆さんの時間の中で非常に長いものではありません。しかしながら、多次元宇宙の一つ(ONE)から流れているこの光が行っている最初の物事は、時間の幻影の解放です。

 

皆さんはすべて、できるだけ長く時間の幻影にこだわるでしょう。結局のところ、時間は今までそれで皆さんが数多くの転生の間に皆さんの人生を構築してきた、ひとつの習慣になって来ています。しかしながら、数多くの皆さんが時間という幻影を解き放って、皆さんの5次元かそれ以上の次元へと浮上し始めていることを、わたし達は観察します。

 

またわたし達は、皆さんの地球船に対してこれが如何に危険であり得るかが分かります。車を運転するか、通りを横切るか、あるいは皆さんのストーブで調理をする間に、もしも皆さんが時間を超えて浮上するべきであれば、皆さんは皆さんの地球船を害し得るでしょう。それによって、皆さんの地球容器を無傷で椅子の中に置くことができる皆さんの日常の中の特定の“時間”をたくわえておき、そして皆さんの『自己』が確かな、第5密度の『故郷』を尋ねることを認めることを勧めます。

 

これは、ひとりの子供に、彼または彼女の“遊びの時間”を与えることに非常に似ています。

そのためその子供は3次元の義務と活動の時間の間、我慢することができます。わたし達の視点にとって、皆さんすべてがベルが鳴ることをゲートの中で待ち続けている競走馬に十分見え、その結果彼らは可能な限り早く走ることができるのです。

 

皆さんすべてができる限り早く“故郷に向かって走る”ことを望みますが、しかし皆さんの母なる惑星ガイアは、ガイアもまた故郷に帰ることができるように、皆さんの増え続ける光が必要になります。わたし達は、皆さんに沢山の物事を求めていることは認識しています。

しかしその一方で、もしも人が個人的な次元上昇の最先端にいるなら、それは、既にその人々がその人々の物質的な人生を沢山習得しているからです。従って、その人々は、その人々の人生について、しばしば極めて幸せです。

 

親愛なる皆さん、次元上昇は逃避ではないことを忘れないでください。次元上昇は、皆さんがこの転生を選択する前に皆さんが志願した、その使命です。言うまでもなく、人類のすべてはこの使命に対して志願しなかったのですが、もしも皆さんがこのメッセージを読んでいる皆さん自身に気付くなら、皆さんはほぼそれらの志願者の中に居ます。

 

皆さんは皆さんの現実性の創造者であることを思い出すことは、皆さんの次元上昇の過程の不可欠な構成要素です。それゆえに、皆さんは、皆さんのホログラムの現実の中で起るあらゆる物事のプログラムを記述しました。わたし達は、わたし達のメッセージのこの部分に対する皆さんの集団的な抵抗を感じますが、しかしわたし達は、皆さんもまた無数の並行した現実や代替の現実のプログラムを記述したことを皆さんに気付かせます。それゆえに、皆さんの人生のあらゆる出来事の中には、いつも数々の選択肢があります。

 

皆さんの観点からは、死は大きな悲しみと損失を創り出す悲劇です。逆に言うと、皆さんの3次元の人生をプログラムした皆さんの多次元の『自己』の観点からは、死はそのホログラムからログアウトするための手段です。また死に直面しながら、何が本当に重要なものなのか、そして何が皆さんの使命からすると単なる3次元のひとつの撹乱要因になっているのかを決めるために、皆さんの人生を強いて深く見詰めさせることは深い奥義です。

 

実際に、皆さんの多くが、皆さんのホログラフの人生のプログラムを記述してきました。そのためもしも皆さんが皆さんの真の転生の理由からすると余りにも気を取られた状態になっているなら、今後皆さんは、ひとつの死に近い経験か、あるいは実際にひとつの死の経験を積むことによって、皆さんのプログラムを“組み直す”ことになるでしょう。3次元は、死は皆さんの敵であり、皆さんは生き残るために“最も強い人々になる”ことが必要だと皆さんに教えます。

 

そのメッセージは、怖れに支配されている闇の継ぎ当ての中で主として起ります。その時系列、領域そして/或いは人々が、意識のより高い周波数に進化する時、3次元の人生は幻影であり、彼らが経験することを望むその人生は、実際には現実のさらに高い次元であることを彼らは実感し始めます。

 

より一層数多くの皆さんが皆さんのエネルギー領域の熟達者になる時、皆さんは皆さんの情緒と考えを支配していることを、皆さんは思い出しています。このようにして、皆さんの人生を創り出しているのは、皆さんです。人が闇の領域の中に閉じ込められている間、その結論に達することは非常に困難です。それ故に、一度皆さんが皆さんのエネルギー領域の熟達性を獲得すれば、大切なガイアを彼女の次元上昇と一緒に支援するために、皆さんは地球船を得てきていることを思い出します。

 

3次元のホログラフを投影中の間は人間だけが重要であって、皆さんの惑星を共有する無数の他の生命体は皆さんより遥かに下にある、と信じることは容易です。しかしながら、一度皆さんがエネルギーの熟達者になれば、惑星は生きていて、すべての生命は等しく重要である、ということを皆さんは理解します。もしもすべての人類が去ったならば、地球は容易に生き残り、そして実に遥かに良好に繁栄することができたであろう、ということが真実です。それにしても、“取るに足らない”昆虫がいなければ、ガイアの惑星のための全体の生態系が崩壊し得たのです。

 

彼らは、ガイアの巨大な生態系の他のどのような構成要素よりも、如何なる方法でも“より良い”ものではないということを、わたし達の人間存在が忘れないことが重要です。人類は自分達の故郷の惑星に大きな害を引き起こして来たことと、皆さんの限定された“歴史”が明らかにするよりもさらに多くの場面でガイアを破壊の瀬戸際に運んできたことに、このメッセージを読んでいるひと達は気付いているとわたし達は確信します。

 

皆さんの偉大な多次元の『自己』の大事な人間表現は、皆さんの母の身体の上を柔らかく歩みます。皆さんが呼吸をする度に、地球に皆さんの無条件の愛を送りなさい。皆さんにとってかなり重要に見える皆さんの現在の身体的な転生は、皆さんの『自己』の単なる小部分であり、ガイアの‘時間’の1ミリ秒未満であることを思い出してください。

 

皆さんがその時間という幻影の数々の限界を超えて進む時、また皆さんは、皆さんが今までの無数の転生の間に真実として維持してきた数々の幻影を超えて進みます。皆さんが今皆さんの周りで起り続けつつある物事の真実に気付く時、怖れ、怒り、悲しみ、あるいは断定的な判断を感じることは、ひとつの大いなる誘惑です。しかし、こうした感覚は、皆さんが実際に、怖れ、怒り、悲しみ、そして他の人々を見下す断定的な判断そのものに皆さん自身のエネルギーを提供する意識状態まで、皆さんの周波数を低くします。

 

皆さんは、意識の皆さんの状態に共鳴する現実の翻案を、皆さんの理解の、そして皆さんの経験の、校正をしていることを忘れません。次元上昇は皆さんの意識の内部で起り、皆さんの地球船を超えて遠く拡大します。皆さんが次元上昇の過程を続けるにつれて、皆さんは地球の第3次元のホログラフの投影との整列から出て、第5次元とそれ以上のガイアの真の惑星の『自己』との整列に入るでしょう。

 

次元上昇は、皆さんを聖者にさせるのではありません。次元上昇は、単に皆さんが皆さんの意識を、3次元/4次元の現実の幻影を超えて共鳴する皆さんの多次元の『自己』の周波数へと戻して来た、ということを意味するだけです。皆さんの現在の時系列の中で何かとても非常に異なっているのは、そのために今まで皆さんが数多くの転生の中で準備して来たのですが、地球の3次元/4次元のホログラフの投影が終了しつつあるということです。

 

ガイアとすべての彼女の住人達は、その真の多次元の『自己』に戻り続けています。物質的な姿を身に着けて、“惑星の因果律の学校”で研究することを望む人々は、今後は異なるひとつの惑星に入ることが必要になるでしょう。自分達の因果律の授業を完了していると感じない人間の皆さんは、自分達の教育を完了するために、単純にガイアのホログラフの投影から別の惑星のホログラフの投影に移行することになるでしょう。

 

外部の情報源による判断はありません。“外部の情報源”という概念は3次元の幻影ですから。実に、“判断”という概念もまた3次元の幻影です。人は3次元の幻影の中で一杯くわせられたとまだ思っている間は、彼らはこのメッセージを理解できないでしょう。

 

しかしながら、もしもその胚芽の自己を包み込んで来たその“卵”がひび割れつつあって、彼らが真の多次元の『自己』として現れているところなら、彼らはわたし達のメッセージが本当であることを知るでしょう。“卵を割る”という行為は、今後その人々の精神の窓を開いて、その絶えず拡大する『一つ』(ONE)の光がその人々の意識に向けて輝くことを認めるでしょう。

 

終わりに、皆さんが次第に皆さんの人生を祝福しつつある“日常の奇跡”を認めて感謝を送る間に、皆さんが実現することを望まないそのことからすべての注意を撤退させた方がよいことを、わたし達は皆さんに気付かせます。

 

わたし達の次元上昇をしている存在達に祝福を祈る。

 

わたし達が皆さんの復帰を待つ間、わたし達はその光を灯すでしょう。

 

アークトゥルス人

The Arcturians

 

http://lightworkers.org/channeling/204804/arturians-speak-becoming-masters-suzanne-lie

翻訳★森のくまさま…ありがとうございます。

転載される場合には、出典を明記してください。

 

出典: http://twinkle-star999.blog.so-net.ne.jp/2014-10-22-2

 

全面手直し:浜野